シェアサロンの作り方を解説!計画をしっかり立てて準備しよう

「シェアサロンってどうやって作るの?」

「シェアサロンを作る際に気を付けることはある?」

と思ったことはありませんか?

 

 

シェアサロンを作る際は以下のポイントが重要です。

 

・ビジネスプランを立てる

・場所を決めて内装・設備を準備する

・セキュリティ対策を導入する

・フリーランス美容師を集客する

 

シェアサロンを作る際はまず、計画を立てることが重要です。

 

どんなシェアサロンにしたいのか、どうしてシェアサロンをつくりたいかなど、詳細に決めていくことで事業に失敗するリスクが減りますよ。

 

 

この記事では、シェアサロンを作る際のステップやセキュリティ対策、フリーランス美容師の集客方法などを解説しています。

 

将来はシェアサロンを作りたい!フリーランスの美容師になりたいと思っている方はぜひ、参考にしてくださいね。

 

 

Salon Crewは、商材仕入れサポートや集客サポートなどのサービスがあるシェアサロンです。

初めての方でも安心できるサポートがあり、月額料金のみで利用できます。

 

まずはシェアサロンで独立したい方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

お問い合わせはコチラ

シェアサロンの作り方3ステップ

シェアサロンを作る際は以下の3ステップで進めましょう。

 

・ビジネスプランを立てる

・シェアサロンの場所を決める

・内装工事・設備の準備をおこなう

 

1つずつ解説していきます。

ステップ①:ビジネスプランを立てる

「シェアサロンを作りたい!」と思っている方は「どんなシェアサロンにしたいか」という大まかなイメージはついているけど、細かく詳細が決まっている場合は少ないのではないでしょうか?

 

シェアサロンに限らず、何かを始める際は細かく詳細を決めることが重要です。

 

シェアサロンを作る前にまずは、ビジネスプランをしっかりと立てましょう。

 

特に詳細に決めたい項目は以下の通りです。

 

・シェアサロンを作る目的やビジョン

・予算や必要経費、売上の目標などの金銭面

・マーケティング戦略

・プランやサービス内容

 

何のためにシェアサロンを作るのか、どういうシェアサロンにしたいのか、さらにどのようなプラン内容でどのようなサービスを導入するのかを決めることが重要です。

 

最初はあまり決められないかもしれませんが、ビジネスプランが立てられないと経営が成り立ちません

 

第一段階として、しっかりと計画を立ててから行動に移すことで、経営に失敗しにくくなりますよ。

 

 

また、サービス内容とともに利用料金も設定しておきましょう。

 

シェアサロンを作る際には、どのように利用してほしいか、時間制が月額制かなど事前に決めておくことでスムーズに始められますよ。

 

シェアサロンの料金相場については、別の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

「シェアサロン利用料金の相場は?料金形態や注意点も徹底解説」

ステップ②:シェアサロンの場所を決める

ビジネスプランがしっかりと固まったら行動に移しましょう。

 

まずはシェアサロンの場所です。

 

目的やビジョンに合わせて場所を選ぶのも良いですし、需要の高いエリアを選ぶのも良いでしょう

 

さらに予算内の物件か、アクセスは良いかなど場所はできるだけ妥協せずに決めるのがおすすめです。

 

物件を購入・契約する場合、初期費用として1,000万円以上必要になります。

さらに全て自分でやらないといけないため、費用があまりなく1人でやっていくのが少し不安という方はフランチャイズに加盟する方法もあります。

 

フランチャイズは運営会社と契約を結びロイヤリティを支払うことで加盟店となり、看板や権利などをもらえる仕組みのことです。

 

初期費用を抑えて始められ、サポートを受けながら運営ができます。

 

そのため、事業するのが初めての方でも安心してできるメリットがありますよ。

 

 

フランチャイズに関する詳細については、こちらの記事もご覧ください。

 

「シェアサロンの始め方を解説!申請の手続きなど事前準備を徹底しよう」

ステップ③:内装工事・設備の準備をおこなう

シェアサロンの場所が決まったら、内装工事や設備を準備しましょう。

 

1人ひとりの美容師が使用できるスペースだけでなく、シャンプー台や鏡、椅子など必要なものはたくさんあります。

 

さらに提供するサービスの準備も必要です。

 

例えば、仕入れに関するサービスを提供する場合、ディーラーと美容師をつなげるサポートをしなければいけません。

 

シェアサロンのサービスを充実させることで強みになりますが、その分やらなければいけないこともたくさんあります。

 

ビジネスプランに合わせて、どういうサービスを導入するかしっかりと検討して「ここで開業したい!」と美容師に思ってもらえるようなシェアサロンを目指しましょう。

Salon Crewは銀座にある完全個室のシェアサロンです。

 

商材仕入れサポートや集客サポートなどのサービスが充実しており、設備もしっかり完備しています。

 

将来シェアサロンを作りたいけど、まずは独立したいという方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはコチラ

シェアサロンを作る際はセキュリティ対策しよう

シェアサロンを作る際は、必ずセキュリティ対策をしましょう。

 

シェアサロンは常に人がいるとは限らず、利用している美容師が鍵を開けることもあります。

 

また複数人のフリーランス美容師が行き交う場所であり、盗難などの被害に遭いやすいため、防犯カメラなどのセキュリティ対策をする必要があります

 

さらに1人ひとりのスペースに私物を置くことも多く、トラブルが起きやすい状態です。

 

利用者に安心してもらうために、しっかりとセキュリティ対策をし、万が一のトラブル時にも対応できるようにしておきましょう。

 

セキュリティ対策の導入は費用がかかりますが、事前投資だと思って惜しまずに費用をかけることをおすすめします。

 

防犯カメラや防犯システムの導入などのセキュリティ管理をしっかりしておくことで、大きな損害を防ぐために必要不可欠です。

シェアサロンを作った後はフリーランス美容師に向けて集客しよう

 

シェアサロンは作ってからが大切です。

 

美容室はお客様を集客する必要がありますが、シェアサロンはフリーランスの美容師を集客する必要があり、通常の集客よりも少し難しいです。

 

フリーランス美容師とマッチングするサイトに登録したり、求人サイトに登録して宣伝したりするのも良いですが、まずはシェアサロンの公式サイトを作りましょう。

 

マッチングサイトなどで気になった人が詳細を知りたい場合や、検索した場合に公式サイトがあるだけで信頼感がアップします。

 

公式サイトがないと「本当に募集しているのかな?」「このシェアサロンは大丈夫かな?」と不信感が出てしまうと、契約までつながりません。

 

フリーランス美容師が「ここで開業したい!」と思えるように、料金システムや利用規約、サロンの雰囲気など魅力を伝えられるよう公式サイトをまずは制作して、集客しましょう。

 

 

一方、お客様への集客方法は以下の通りです。

 

・顧客からの口コミ・紹介

 

・SNS

・検索・予約サイト

 

例えば若年層がターゲットである場合、SNSでの集客がおすすめです。

 

InstagramやX、TikTokは不特定多数の人の目に触れやすく、集客しやすい方法です。

 

雰囲気や自分自身を知ってもらえる様な写真を投稿し、見てもらうことでファンになってもらえ、そこから顧客になってもらえるでしょう。

 

SNSは無料で利用でき、手間はかかりますが手軽にできるため、初心者でも集客しやすいですよ。

 

お客様の集客について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧くださいね。

 

「シェアサロンの集客方法3選!ターゲットに合わせて差別化する方法を解説」

まとめ:シェアサロンの作り方は計画的に!まずはSalon Crewで開業しよう

シェアサロンを作る際は以下のポイントが重要です。

 

・ビジネスプランを立てる

・場所を決めて内装・設備を準備する

・セキュリティ対策を導入する

・フリーランス美容師を集客する

 

シェアサロンはしっかりと計画を立てて作ることが重要です。

 

無計画や現実味のない計画は、事業が失敗する原因にもなります。

 

自分自身の理想のシェアサロンを作るだけでなく、利用者が安心して働ける場所を提供することが重要になってくるため「どんなシェアサロンを作りたいか」という点を中心に、理想のシェアサロンを作ってくださいね。

 

 

Salon Crewは銀座にある月額制のシェアサロンで、利用料金以外の費用は発生しません。

 

完全個室で、内装も自由にアレンジできます。

 

いきなりシェアサロンを作るのではなくSalon Crewで開業し、ビジネスプランなどの計画を立てていくのもよいでしょう。

 

まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはコチラ

PAGE TOP