美容師が独立するタイミングはいつが良い?準備や必要費用についても解説

「独立したいけど、いつしようか迷っている」

「独立するには、どんな準備が必要?」

と思ったことはありませんか?

 

 

美容師が独立するに最適なタイミングは30代です。

 

美容師としての経験や技術などが十分にあり、さらなる目標を立てやすい年代でもあります。

 

 

この記事では、美容師が30代で独立するのがおすすめの理由や、独立前にやっておきたいことなどについて解説しています。

 

将来、独立したいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

 

 

Salon Crewは完全個室のシェアサロンです。

 

予約管理システムや集客サポートなどのサービスが充実しています。

 

シェアサロンを探している、どんなシェアサロンなのか知りたい方は、お問い合わせくださいね。

 

 

お問い合わせはコチラ

美容師が独立するベストタイミングは30代!おすすめな理由3つ

美容師として独立を考えるタイミングは人それぞれですが、特に30代は独立に最適な時期といわれています。

 

そのおすすめ理由は以下の3つです。

 

・経験や実績があるから

・ある程度の資金が準備できるから

・顧客がつきやすいから

 

順に説明します。

理由①:経験や実績があるから

30代の美容師は、美容師免許を取得してから10年ほどのキャリアを積んでいることが多く、豊富な経験と確かな技術を持っています

 

美容師としてのスキルはもちろん、顧客対応や店舗運営のノウハウも身に付いているため、自信を持って独立に挑戦できるでしょう。

 

また、長年の経験によって築かれた業界内での人脈も、独立後の店舗運営に大いに役立ちます。

 

30代は若々しさだけでなくベテランの安定感を兼ね備えた絶妙なバランスの時期です。

 

多くの成功した美容師が、30代で独立を果たしていることからも、ベストタイミングといえるでしょう。

 

 

独立後の平均年収などについてはこちらの記事で解説しています。

「美容師は独立した方が儲かる!?平均年収や儲けるための方法を解説」

理由②:ある程度の資金が準備できるから

独立には多くの資金が必要です。

 

店舗の開業資金・設備投資・運転資金など、さまざまな費用がかかります。

 

そのため30代になると、これまでのキャリアを通じて一定の貯金ができていることが多く、また信頼できる金融機関からの融資も受けやすくなります。

 

さらに、30代は経済的な安定感も増してくる時期です。

 

家庭を持つ方も多く、収入の安定性が求められる中で、しっかりとした計画を立てることでリスクを最小限に抑えた独立が可能です。

 

資金的な余裕があることで、焦らずに計画的な店舗運営ができるようになりますよ。

理由③:顧客がつきやすいから

30代の美容師は、長年の経験から多くの固定客がいることが多いでしょう。

 

ある程度、顧客との信頼関係が築かれているため、独立してもそのまま着いて来てくれるケースが多々あります。

 

信頼できる顧客基盤があることで、独立後の店舗運営がスムーズにスタートできますよ

 

また、30代は仕事だけでなく、プライベートでも充実した人間関係を築いている時期です。

 

独立後の悩みの一つである集客は友人や知人からの紹介によって、新規顧客を獲得しやすくなるというメリットもあります。

 

口コミや紹介は美容室経営において非常に重要な要素であり、30代での独立はその点でも有利といえるでしょう。

 

 

集客についてはこちらの記事でも解説しています。

「シェアサロンの集客方法3選!ターゲットに合わせて差別化する方法を解説」

美容師が独立するまでにしておきたい準備3つ

美容師が独立するまでにしておきたいことは以下の3つです。

 

・経営の知識やスキルを身につけておく

・技術を磨く

・顧客との関係性を高めておく

 

美容師として独立を考える際、成功するためにはしっかりとした準備が不可欠なため、事前に確信しておきましょう。

 

1つずつ解説していきます。

準備①:経営の知識やスキルを身につけておく

独立する際は美容師としての技術だけでなく、経営の知識やスキルも必要です。

 

サロン経営には、スタッフの管理・在庫管理・マーケティングなど、さまざまな業務が含まれます。

 

経営に関する知識を深めるためには、本を読んだりビジネスセミナーや講習会に参加したりすることをおすすめします。

 

また実際にサロンを運営する前に、他のサロンでマネージャーとしての経験を積むこともおすすめです。

 

リアルな経営の現場を知ることで、自身のサロン経営に役立つスキルを身につけられるでしょう。

準備②:技術を磨く

独立して自分のサロンを持つ際には、他のサロンと差別化できるような高度な技術や独自のスタイルが求められます。

 

自分の得意分野を伸ばすための練習や最新のトレンド、技術を学びましょう。

 

単に技術を磨くだけでなく、顧客が満足するようなホスピタリティを提供できるスキルも大切です。

 

サービスの質を向上させることで、リピーターを増やし、口コミで新しい顧客を獲得できますよ。

準備③:顧客との関係性を高めておく

独立後に大きな悩みになるのが顧客の獲得です。

 

既存店舗の場合は集客がある程度できますが、新しい店舗では難しいため、独立前に既存の顧客と強固な関係性を築いておく必要があります。

 

そのため、日々のコミュニケーションや細やかなサービスが欠かせません

 

顧客のニーズを理解し、一人ひとりに合った提案をすることで信頼を深められ、独立後の顧客の獲得もできるでしょう。

 

 

Salon Crewは、商材仕入れサポートや集客サポートなどのサービスがあるシェアサロンです。

 

初めての方でも安心できるサポートがあり、月額料金のみで利用できますよ。

 

まずは、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

お問い合わせはコチラ

美容師の独立費用は1,000万円以上必要

美容師が独立してサロンを開業するには、1,000万円以上の開業資金が必要です。

 

主な独立費用は以下の通りです。

 

・初期費用

・テナント料

・運用資金

・設備費用  

 

独立後は初期費用として1,000万円以上かかり、その後もテナントの賃貸料、運用していくうえでの費用として人件費や材料費なども必要です。

 

しかし1,000万円以上の費用を用意することは難しいため、融資を受けながら独立する美容師がほとんどです。

 

そのため、勤続年数が長く信用があるとされている30代は独立するにはベストなタイミングといえるでしょう。

まとめ:美容師が独立するなら30代がベストタイミング!費用を抑えての開業はSalon Crewがおすすめ

美容師が独立するタイミングとして、30代がおすすめです。

 

経験や実績、資金などがあり、独立してもやっていけるだけの力があります。

 

20代では経験不足を感じやすく、40代では体力などの不安もあります。

 

そのため、独立したいと考えている美容師は30代での独立を検討しましょう

 

しかし、1,000万円以上の費用を準備しても必ず成功するとは限りません。

 

「資金が思うように準備できない…」「独立したいけど上手くいかなかったら不安…」という方はシェアサロンがおすすめです。

 

シェアサロンは高額な初期費用が必要なく、低リスクで開業できますよ

 

 

シェアサロンについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

「シェアサロンとは?仕組みやメリット・デメリットを詳しく解説」

 

Salon Crewは銀座にある完全個室のシェアサロンです。

 

内装のアレンジも自由なため、自分だけの空間を表現できますよ。

 

どんなシェアサロンなのか知りたい方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

お問い合わせはコチラ

PAGE TOP