シェアサロンのビジネスモデルとは?要素や今後について解説

「シェアサロンのビジネスモデルってなに?」

「シェアサロンは今後どうなっていくの?」

と思ったことはありませんか?

 

 

シェアサロンはフリーランスの美容師が、自分の技術を最大限に活かしてビジネスにつなげていく場です。

 

店舗を持たなくても働け、独立したての方でもビジネスとして成り立ちます。

 

さらにシェアサロンは今後もさらなる発展が期待されるビジネスモデルであり、将来性が高いと思ってよいでしょう。

 

 

この記事では、シェアサロンのビジネスモデルやフリーランス美容師について解説しています。

 

独立したいけどシェアサロンについてよくわからないという方はぜひ、参考にしてくださいね。

 

 

Salon Crewは銀座にある完全個室のシェアサロンです。

 

設備やサービスも豊富で、自分だけのサロンを経営できます。

 

どんなシェアサロンか、気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

お問い合わせはコチラ

シェアサロンのビジネスモデル要素4つ

シェアサロンのビジネスモデルは、複数人のフリーランス美容師が利用するスペースや施設を提供し、それぞれが独立したビジネスとして活動する形態です。

 

主なビジネスモデルの要素は以下の通りです。

 

・場所の提供

・コミュニティ

・マーケティング

・施設管理

 

1つずつ解説していきますね。

要素①:場所の提供

シェアサロンは、フリーランス美容師が利用するスペースや、シャンプー台などの設備を提供することで利益を得ています。

 

利用料金や設備、その他のサービスなどはシェアサロンにより大きく異なりますが、必要な設備がほぼ揃っており、美容師にとってはありがたい場所です。

 

そのため、独立したての方にとって利用しやすい場所であり、これからビジネスを成長させたい方にもぴったりです。

要素②:コミュニティ

シェアサロンは、複数人のフリーランス美容師が集まる場所です。

 

完全個室で相手の姿は見えなくとも、顔を合わせる機会もあるため、知識や経験を共有し合える良い機会にもなるでしょう。

 

フリーランスはほとんど1人で仕事をするため、孤独になりやすいですが同じ職業同士、コミュニティのきっかけ作りの場としても利用できますよ。

要素③:マーケティング

シェアサロンは、施設を利用する美容師を集めるためにマーケティング活動をおこなう必要があります。

 

求人サイトや美容師とシェアサロンをつなげるマッチングサイトなど。

 

 

また公式サイトを制作して、募集をかけているシェアサロンもあります。

 

そのため、シェアサロンを探しているフリーランスの美容師は、さまざまなツールを利用して、自分にぴったりのシェアサロンを探しましょう。

要素④:施設管理

シェアサロンは場所を提供するだけでなく、施設の管理やメンテナンスもおこないます。

 

清掃やセキュリティ管理、施設の修繕など。

 

さらに利用者の予約管理もおこなうなど、シェアサロン全体の管理をしているため、何か困ったことがあったら、すぐに助けを求めましょう。

Salon Crewは商材仕入れサポートやタオルリースなどサービスが充実しており、月額料金のみで利用できます。

 

さらに売上は100%還元で、月額料金以外の費用は一切かかりません

 

どんなシェアサロンなのか知りたい方は、お問い合わせくださいね。

 

 

お問い合わせはコチラ

シェアサロンを利用する美容師が増えている理由3つ

近年、多くの美容師がフリーランスとなり、シェアサロンを利用しています。

 

その理由は主に以下の通りです。

 

・コストを削減できるから

・働き方が変わってきているから

・自由度の向上を求めているから

 

順に解説していきます。

理由①:コストを削減できるから

独立して美容室を開業するには、1,000万円~2,000万円と高額な初期投資や固定費がかかります

 

それに対して、シェアサロンはスペースだけでなく、シャンプー台や鏡などの設備を他の美容師と共有するため、開業コストを抑えられます。

 

近年「お金がなくて独立できない」という方も多くいますが、シェアサロンなら独立しやすく、フリーランスが増えている理由のひとつです。

理由②:働き方が変わってきているから

コロナ禍以降、自宅での仕事や独立して自分だけの力で働きたいと思っている方が増えています

 

また、上司との人間関係が上手くいかずストレスを抱えて退職してしまう方も。

 

美容師も例外ではありません。

 

 

さらに好きな時間、好きな日だけ働きたい方にとってシェアサロンは抜群の場所といえるでしょう。

理由③:自由度の向上を求めているから

働き方が変わってきているのと同じように、自由に働きたいと思っている方も増えています

 

時間や働く日数はもちろん、メニュー設定やサービス内容など美容室で務めているときとは別の働き方を望む方も多く、需要も増加中です。

 

マニュアルに沿った働き方ではなく、自分で決めた内容でお客様を満足させられる美容師を目指している方が多いからこそ、フリーランス美容師が増えているのではないでしょうか?

シェアサロンは今後どうなる?

シェアサロンは今後も更なる発展が期待できます

 

美容に対する関心が男性女性問わず年々増加傾向にあり、今後も需要があるジャンルといえるでしょう。

 

フリーランス美容師は1人ひとりのお客様に対して、最初から最後までワンツーマンで対応できます。

 

こだわりが強いお客様やトレンドを取り入れたいお客様に対し、とことん向き合えるのもフリーランス美容師の強みになります。

 

 

また、働き方の多様性や柔軟性が求められてきており、シェアサロンを利用したいフリーランス美容師にとって、ビジネスを成功させる場として欠かせない存在になっていくでしょう。

シェアサロンのビジネスモデルは今後上昇する!まずはSalon Crewで開業しよう

シェアサロンのビジネスモデルは今後も期待できる存在です。

 

しかし、まだまだ発展途中でシェアサロンを求めているフリーランス美容師も多いのが現状です。

 

「独立したいけどシェアサロンが見つからない」「フリーランスになりたいけど自信がない」という方でも、安心してシェアサロンを利用できる今後を期待しましょう。

 

 

Salon Crewは完全個室で、商材仕入れサポートや顧客サポートなどのサービスも充実しています。

 

さらに内装アレンジも自由で、自分だけのサロンを作り上げられます。

 

少しでも気になる方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

お問い合わせはコチラ

PAGE TOP