美容師の業務委託は稼げる?報酬形態の相場や契約サロンを選ぶ際の注意点を解説

「業務委託ってどのくらい稼げるの?」

「業務委託について知りたい」

と思ったことはありませんか?

 

 

フリーランスの美容師が業務委託で働いた場合の相場は、売上の40~60%です。

 

業務委託は完全報酬制で自由な働き方ができますが、顧客を獲得しないと収入が上がることはありません。

 

そのため自分自身に合ったサロンを見極めたり、顧客を獲得したりする必要があります。

 

 

この記事では、業務委託の相場やサロンと契約する際の注意点などを解説しています。

 

フリーランスの美容師になりたい、サロンと業務委託契約を結んで働きたいと考えている方はぜひ、参考にしてくださいね。

 

 

Salon Crewは銀座にある完全個室のシェアサロンです。

 

シェアサロンは美容院との契約を結ぶ必要はありませんが、自分自身で集客などをおこなう必要があります。

 

しかし、Salon Crewなら料金形態は月額制を採用しており、売上は100%還元

 

お客様の数や勤務日数によって、業務委託より稼ぐことも可能です。

 

少しでもシェアサロンが気になる方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはコチラ

美容師の業務委託の相場は40~60%が歩合として還元される

サロンと業務委託契約して働いている美容師の報酬は、40〜60%が歩合として還元されます。

 

サロンから業務を委託して、その対価として売り上げの数%を報酬として受け取ります

 

業務委託はサロンや美容師によって条件が異なるため、金額が大きく異なりますが、相場は40〜60%と見ておいてよいでしょう。

 

業務委託の場合、固定ではなく歩合制になるのでお客様の数が多いと多いだけ収入が増え、さらに指名料も追加でもらえることもあります。

 

指名料だけでも金額が大きく変わってくるため、業務委託はフリーのお客様よりも指名でのお客様をどう増やしていけるかがポイントになってきます。

美容師の業務委託とは?完全報酬制で自由な働き方ができる

美容師の業務委託は、美容師がフリーランスになった場合に最も多い働き方で、サロンと直接個人で業務委託契約を結び、報酬を受け取る働き方です。

 

サロンによってはフリーランスになっても、そのまま業務委託契約を結んで働き続けることができます。

 

その場合、新たに業務委託契約を結ぶサロンを探す必要がなくなるため、フリーランスになった直後は業務委託という働き方から始めてみるのも良いでしょう。

 

 

また、業務委託の美容師はサロンに雇用されているわけではないため、複数のサロンと契約してもなんの問題もありません

 

働く日数や時間帯などが1つのサロンで会わない場合、2つのサロンを掛け持ちする働き方もできますよ。

 

 

フリーランスの美容師は業務委託でなく、シェアサロンでも自由な働き方ができます

 

Salon Crewは売上の100%還元で、月額料金以外の費用は基本的に一切かかりません。

 

自由に自分らしく働きたい方は、Salon Crewで開業しましょう。

 

お問い合わせはコチラ

業務委託契約を結ぶサロンはしっかり見極めて決めよう!選ぶ際の注意点5つ

美容師がサロンと業務委託を結ぶ場合は、事前に注意しないといけない点があります。

 

・サロンの報酬形態を確認する

・報酬は税込か税抜きか確認する

・月間の客数と内訳を知っておく

・希望する働き方ではいくら稼げるのか把握する

・業務委託契約書をしっかり書面で残しておく

 

ひとつずつ解説します。

注意点①:サロンの報酬形態を確認する

1番大切な確認事項は、報酬形態を確認することです。

 

フリー客・指名客・店販のバック率などどのくらいの%でもらえるのかは重要事項です。

 

求人募集の欄によく、40~50%が還元されると記載されていますが、ほとんどの場合は40%と思っておいた方がよいでしょう。

 

売上が伸び、たくさんサロンに還元していくことで%が上がっていくこともあるため、最初のうちは40%だと思っておいた方が安全です。

 

実際に面接時やサロン見学時など、事前に確認しておきましょう。

注意点②:報酬は税込か税抜きか確認する

税込か税抜きかは、求人募集の欄に記載されていることは少ないですが、とても重要な項目です。

 

税込計算の場合は税抜き計算と比べて報酬が高くなり、金額の差も出てきてしまいます。

 

直接は聞きづらいかもしれませんが、重要なことなのでしっかりと確認しておきましょう。

 

また材料費も重要な項目です。

 

基本的にはサロンが材料(カラー剤やパーマ剤)を用意してくれ、ハサミやコームなど施術に必要な道具だけ自分で準備するだけでよいですが、サロンによっては「材料費別」「歩合より諸経費をいただいております」と記載されていることもあります。

 

その場合、売上の10%を材料としてひかれてしまうこともあるため、契約前にしっかりと確認することが大切です。

注意点③:月間の客数と内訳を知っておく

歩合の%がいくら高くても、そもそもサロンにお客様が来ないと稼げません。

 

さらに業務委託美容師は、お客様を担当できなかった場合の報酬は0円です。

 

そのため、サロンの月間客数と新規客数、再来店客数を確認しておくことが大切です。

 

業務委託美容師にとっては、新規のお客様が獲得できるサロンの方がチャンスがあるといえるでしょう。

 

指名料なども報酬になるため最初は新規のお客様を獲得してから、指名のお客様をどんどん増やしていくことが報酬を上げていくコツです。

注意点④:希望する働き方ではいくら稼げるのか把握しておく

勤務日数や曜日、時間が自由なのが業務委託美容師ですが、自分が希望する働き方で必ずしも働けるとは限りません

 

例えば、平日のみ働きたいのに土日が忙しいサロンの場合は、希望の働き方ができずに報酬額も少なくなります。

 

サロンによって忙しい曜日や時間帯、客単価などが異なるため、希望する働き方でどのくらい稼げるのかを把握してから、業務委託契約を結びましょう。

注意点⑤:業務委託契約書をしっかり書面で残しておく

業務委託はサロンと業務委託契約を結ぶことで、雇用契約ではありません

 

そのため、後々サロンと揉めることのないよう、事前に契約書を作成して書面で残しておく必要があります。

 

特に以下の項目を必ず記載しましょう。

・報酬の還元率を明確にする

・雇用契約ではないため、サロンからの指示はなしとする

・材料や機材、道具などはどちらが準備するか

・勤務時間を明確にして拘束はなしとする

 

業務委託契約は民法上の準委任契約に該当するため、必ず自分とサロンとの間で納得してから契約するようにしましょう。

まとめ:美容師の業務委託の相場は40~60%!100%収入になるシェアサロンSalon Crewで開業しよう

業務委託の相場は40~60%の歩合制ですが、シェアサロンは売上を100%受け取れ、月額や使用した時間のみの料金を払うだけで、自分のスペースを自由に利用可能です。

 

シェアサロンSalon Crewは月額料金のみで、月額料金以外の費用は一切発生しません。

 

集客や手続きなど自分自身でやらないといけないことは多いですが「自分だけで頑張りたい」「収入を少しでも多くしたい」という方は、Salon Crewで開業しましょう。

 

少しでもシェアサロンが気になる方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはコチラ

PAGE TOP